名古屋でアプリ・VR開発を行っています
ワクワクできるゲームをガンガン開発リリース中!

最近何かと話題のメタバースについて

皆さんこんにちは!ハリネズミです。

本日は最近ニュースでも取り上げられるようになったメタバースについて書いていきたいと思います。

 

メタバースとは

まずメタバースという言葉自体が英語の「超meta)」と「宇宙(universe)」を組み合わせた造語で、元々は小説の中に出てくる仮想空間サービスの名称だったもが現在仮想空間のサービス全般を示す言葉として使われています。

 

なぜ注目されているか

なぜ現在注目されているかというと、新型コロナウイルスの感染拡大により他人との直接的なコミュニケーションの機会が減る中、オンライン上で気軽に会うことができるため新しいコミュニケーションツールとして利用されているからです。一言にメタバースといってもとても広い意味で使われている言葉でありオンラインゲームや仮想通貨、オンライン会議なんかもそうです。

 

メリットとデメリット

メリットとしては、「新たなビジネスチャンスができる」、「非日常を体験できる」などがあげられます。メタバース上で使えるものの売買や、バーチャルライブの開催など新たな空間なので前例のないやり取りがもっと出てくると思います。

逆にデメリットとしては、「現実との境目が薄くなる」、「現実のコミュニケーションがおろそかになる」などがあり、技術が発展していくほど見えるもの、見えないもの境目があいまいになっていくものだと思うのでユーザーはその境界線をいかに分別できるかどうかが大事になっていくのだと思います。

 

まとめ

メタバースは今まで人間が生活してきた空間とは全く別物で、これまでになかった新しいものがたくさん出てくるので課題も色々あるとは思いますがこれからの発展にますます注目していきたいと思います。また、SAT-BOXではVRゲームも販売しているので、これを機に是非一度お手に取っていただけると嬉しいです!!

 

↓Steam専用

store.steampowered.com

 

以上ハリネズミがお送りしました。

 

 

高得点ポイントゲット!!『机でカーリング』

皆さんこんにちは!きなこです。

今日から雨がひどくなるようなので、気を付けてお過ごしください!!

     

さて、今日は『机でカーリング』のお楽しみコースで

ポイントを稼ぎたいと思います!!

  

動いている障害物は“ステックのり”のみなので

左右どちらかに動き始めたら、真っすぐにストーンを投げていきます。

       

ステックのりは上手くかわしましたが、

少しだけ右寄りに進んでいってしまっているので

このままだと消しゴムにぶつかってしまいます・・・

  

思っていた通り消しゴムに当たってしまいましたが、

消しゴムの端の方に当たったので、方向を変えてストーンは進み始めました。

     

むしろ、消しゴムに当たったことにより真ん中へと方向転換され

ぴったり1000ポイントの的に止まりました!!♪

     

今回も一番ポイントの高い1000ポイントをゲットできて嬉しいです。

このポイントで強いストーンをゲットしたいと思います(笑)

 

皆さんもたくさんポイントゲットして、自分オリジナルの仕様にしてみて下さいね♬

 

ダウンロード↓

play.google.com

机でカーリング

机でカーリング

  • KAZUTO HISADA
  • ゲーム
  • 無料

apps.apple.com

 

描くのは難しい・・・『Draw&Judge』

皆さんこんにちは!きなこです。

今日は『Draw&Judge』をやってみました。

 

“ベーシック”コースでやってみました。

  

まずは【イス】

色を塗るのがなかなか苦戦しましたが、なんとかうまくいったのではないでしょうか。

  

続いて【ピアノ】

時間が足りず、あまり上手く書けませんでしたが

それっぽく書けたのではないでしょうか??

  

最後は【剣】

想像は付くのですが、いざ描くとなると難しすぎる・・・(泣)

剣とは程遠い物体が出来上がりました(笑)

     

それでは“Judge”してもらいます

  

まずは【イス】

相手の方が立体的ですが、なかなか良い勝負になるのではないかと

思っていると2-3という結果に。

惜しくも負けてしましました。

  

続いては【ピアノ】

相手はピアノの全体を描いてきました。

私は鍵盤の部分しか書かなかったのでピアノっぽく見えなかったのでしょうか

0-5で惨敗・・・

  

気を持ち直して、最後は【剣】

これこそほぼ互角の戦いではないでしょうか!!(笑)

なのに1-4で負けてしまいました・・・

 

想像は付くのに、いざ描いてみるとなると難しすぎます!!

絵心がないので思い通りの絵を描けないのですが

簡単に遊べるので、ついついやってしまいます♪(笑)

 

ぜひ皆さんも遊んでみて下さいね♬

 

ダウンロード↓

play.google.com

ドロー&ジャッジ

ドロー&ジャッジ

  • KAZUTO HISADA
  • ゲーム
  • 無料

apps.apple.com

【Unity】便利なTweenアセットについて

こんにちは!SAT-BOXのカメです。

皆さんGWはいかがでしたか?
私はリフレッシュに山登りに行ってきました。
気分は爽快ですが、体は筋肉痛です...

さて今回の内容ですが、
Unityでオブジェクトを滑らかに動かしたい。でもアニメーションを使う程でもないし...手軽に実装したい。
という時にお世話になるTweenアセットについてお話しようと思います。


【Tweenアセットとは】
Tweenアセットを簡単に説明すると、目標値と遷移時間を設定するだけで、現在の値から目標値までを補完するアニメーションを提供してくれるライブラリを指します。

UnityでTweenアセットを探すと
・iTween
・LeanTween
・DOTween
この3つをよく目にします。

初めて使ったのはiTweenでしたが、どうやらiTweenは処理が重いそうです。
今はこの中で一番処理が軽いとされているLeanTweenを使っています。
(負荷の軽さは LeanTween > DOTween >>> iTween だそうです)

高頻度で呼び出すような処理をしなければ、iTweenでも問題なく使えます。
でも高頻度で連続して呼びたいこともあるので、なるべく軽いものを選んでいます。
DOTweenはまだ使ったことがありません。
iTweenで出来ることはDOTweenでも出来るようなので、次に使うとしたらDOTweenかな?


【LeanTweenについて】
マニュアルは英語ですが、かなり直感的に理解できる仕様になっているので、
困ったら公式サイトを確認すれば解決すると思います。

なので今回は少し応用的な使い方を紹介しようと思います。

① 目標値を更新しながらアニメーションさせたい場合
オブジェクト座標を移動する時に、頻繁に移動先を更新したい場合があります。
その時はcancelを呼び出して直前に読んでいたLeanTweenメソッドを消す必要があります。
この時、gameObjectに影響している全てのLeanTweenメソッドを消す場合と、指定のメソッドだけ消す方法があります。

//オブジェクト単位でcancelして更新する場合
LeanTween.cancel(gameObject);
LeanTween.move(gameObject, gameObject.position + new Vector3(1, 0, 0), 0.1f);

//メソッド単位でcancelして更新する場合
int id;
LeanTween.cancel(id);
id = LeanTween.move(gameObject, gameObject.position + new Vector3(1, 0, 0), 0.1f).id;


② n秒間隔で繰り返しアニメーションさせる場合
繰り返し処理は簡単に実装出来ますが、毎回待ち時間を設定する場合は、少し工夫が必要です。
例として2秒間隔ごとに、変数aを0から10に1秒かけて変更する処理を書きます。
delayedCallを繰り返し、その中で変数aを変更することで実現出来ます。

LeanTween.delayedCall(gameObject, 2, () =>
{
 LeanTween.value(gameObject, 0f, 10f, 1f)
  .setOnUpdate((float val) =>
 {
  a = val;
 }).setOnComplete(() => { a = 0f; });
}).setRepeat(-1);


今回紹介した使い方の他にも、画像のフェード処理や、タイマーとして利用するなど
様々な使い方があります。
これからUnityを始める人は、ぜひ利用してみて下さい。

以上、カメでした。

4コマ漫画 第65話『白熱!手裏剣バトル!その裏には職人が・・・』

皆さんこんにちは!きなこです。

本日2回目の登場!!

 

さて、皆さんお待ちかねであろう4コマ漫画 第65話をお送り致します。

 

次回もお楽しみに~♪